アメリカの大学2校を合格したテニス選手のYさん

O.Y.様(高3)海外大学準備コース
Lindsey Wilson College 合格
Campbellsville University合格
SAT 960点 TOEFL 62点

ケンタッキー州の二つの大学から、テニス?選手としてオファーを受けたYさん。
大学から3月の全米ツアーに参加して欲しい!と言われ、急遽渡米されることになりました。

急な渡米前で忙しい中、先生達に挨拶に来たYさん。
キース先生と話をするYさんは、自信があって、とにかく嬉しそうで、初めてお会いした時よりもずっと流暢になっていて、本当にビックリしました。

Yさんが、ISEにお父様と来られたのは昨年の3月。アメリカの大学でテニスをやる為にTOEFLの塾に通っているが、伸び悩んでいて、大学で必要な日常会話を勉強したいというご相談でした。
ISEで、TOEFLもSATも日常会話も準備出来るお話をして、週3回2時間レッスンが始まりました。
秋からは、週4回3時間レッスンをされていました。テニスのレッスンが終わって帰宅が12時頃の時もあったというのに、本当に良く頑張ったなぁと思います。

ご本人の頑張りとご家族のサポートが実りましたね。Yさんの今後のご活躍が楽しみです!

生徒様の声
・英語を勉強するきっかけや目標を教えて下さい。
私は、7歳から始めたテニスがあり、中1の時に初めてアメリカに1人で1週間テニス留学をして、その当時はもちろん英語なんて喋られなかったのですが、テニスを通して色々な国の友達が出来たことがとても嬉しくて、アメリカで勉強がしたい、テニスをしたいと思ったのが、きっかけでした。それからは高1からアメリカの大学に入学するという目標を掲げていました。

・ISEの授業はどうでしたか?
様々な国の出身である先生方とTOEFL対策やSAT対策の授業をしていただきました。
基本的にどの先生方も楽しい方ばかりだったので、3時間授業をとっていた時もありましたが、楽しく英語がしっかり身についていることを実感していました。試験のガチガチした対策授業というよりは、先生と一緒に自分の英語レベルを上げていってくれる感じでした。

・レベルアップの秘訣を教えて下さい。
とにかくISEの先生方、どの先生方にも「単語」と言われました。単語の覚え方は、当初私も悩んでいましたが、ISEの先生に自分でその単語を使って文章を作るという単語の覚え方を教えていただいてから単語の身に付きが良くなったと思います。
TOEFLに関しては、スピード勝負と言われていたので、文章をどれだけ1回で内容を頭に入れられるか、速読の力を身につけるように努力しました。

コメントは受け付けていません。