デレク先生

タピオカミルクティーにハマってしまったデレク先生。今日はマンゴー味を飲んでいました!

デレク先生は、アメリカで警官として17年間勤務していた異色の先生です。麻薬捜査官としてアンダーカバーをしたり、シークレットサービスも経験していたそうで、Amazonの社員にセルフディフェンスの講義をしたり、エグゼクティブのボディガードもしていたそうです。

「刑事ドラマって見ますか?」と聞いたら、「ドラマの登場人物は、同僚とバーで飲んだり、週末はBBQパーティーをしているけど、夜や週末は仕事で呼ばれるし、そうでない時は膨大なレポートを書かなきゃいけないし、ドラマとは全然違いますよ!」と言われてしまいました。

長女は、デレク先生とアメリカの大学の法学部のテキストや犯罪心理学の勉強を始めるそうです。

まだデレク先生の授業を受けてない方は、是非ご受講下さいね。

コメントは受け付けていません。