ローズガーデンができました!

ISE英会話のお花の植替えや緑の手入れは、グリーンサムを持つティムさんが担当です。先週も、セール中の鴨志田のテーブルガーデンに行って、ちょこちょことローズやダリアを買ってきて、プランターやバスケットのお花を植えていました。(写真のバラのバスケットです)

リニューアルの工事が始まった頃から、「せっかく青葉台校リニューアルするんだから、道路側にローズガーデンを作りたいなぁ!」と、ティムさんが言い始めたのですが、本人のスケジュールを見ると、1日に何度もたまプラーザ校⇔青葉台校を往復していて過酷な状態だったので、今回はプロのガーデナーの大和田さんにお願いしようということになりました。

大和田さんの見立てで、仙台のバラ農園からバラとラベンダーが届きました。段ボール箱いっぱいのバラやラベンダーの香りは、とにかく素晴らしかったです!

大和田さんは、朝8時にスタートして、バラを植える位置を決めると、川崎植物卸売センターまでティムさんを連れてハーブを買い足しに行って、夜8時に作業を終了!一日中、雨の中本当にありがとうございました。

ティムさんは、イングリッシュガーデンが出来たと大喜びです。今は、バラのお花が咲いていないので、グリーンしか見えませんが、バラの合間にラベンダー・ローズマリー・タイム・セージの香りがして、前を通るとリフレッシュしますよ。通りを歩く人達に喜んでいただけたら嬉しいです。

ガーデナーの大和田さんや、昇和造園の河内さんに初めてお会いしたのは、お隣の家の植木作業中でした。お隣の家の植木屋さんの作業がとても早くて、しかも若い男性の植木屋さんらしくない!チームだったので、気になった私が名刺をいただきにいったのがきっかけです。見積金額を聞くと随分リーズナブルなのもいいなぁと思いました。

ティムさんは、いつも仕事が終わった後に植替えを始めるので、夜遅くに、ずぶぬれ(ティムさんが植替えを始めると雨が降るみたいで…)で疲れ切って帰ってくることが多く、いつか青葉台校をお願いできればなぁと思っていました。

「いろいろな色のバラがミックスされて、ハーブの良い香りもして、盆栽みたいに同じ方向にきちっと生えてるんじゃなくて、いろいろな方向を向いていて…とにかくイングリッシュガーデンにして欲しいんだなぁ!」というわがままなティムさんのリクエストに、大和田さんは「ううん、わかる。ティムさんの言ってることは良ーくわかるよ!」という返事だったのでホットしました。こういうのはセンスの問題なので、クリエイティブなガーデナーさんにお任せして本当に助かりました。

植木のメンテナンス・お庭造り・イングリッシュガーデンを理解してくれるガーデナーをお探しでしたら、下記まで伺ってみて下さいね。ジャパニーズスタイル・イングリッシュスタイルどちらも対応できる方達です。

GARDEN TIME 代表 大和田さん 042-784-5723

昇和造園 園主 河内さん 042-851-2375

コメントは受け付けていません。